不思議な紋章・・・

インド(南インド・マイソール)を歩いていると・・・
家の前になにやら紋章のようなものをよく見かけます。
PA030076.jpg
こないだ歩いていたら、ちょうどそれを書いているのに遭遇!
家のゲートの前におばあさんが這いつくばっていた。
白い粉を手のひらに乗せて、指の隙間から上手に粉を落としていく。
小学校の時に校庭に白い線を書くみたいに(運動会の時とかに!)、線ができていく。
チョークみたいな物で書いていると思っていた。。。
なれた手つきで線が縦に・・・横に・・・それが、三角でつながって・・・
写真をアップできたらいいのに。。。
なにやら、紋章ができていく。。。時には違うときもあり、今、宿泊しているところの家の前にも会ったな・・・いつの間にかいているんだろう?
そして、何を意味しているのだろう?
狛犬みたいなもんで、家を守っているのだろうか?
見ているとインドの女性はよく働く・・・
こっちが手で洗濯物を一生懸命に洗って干しながら、インドの女性はすごいな~って、思ってたら、ちらっと洗濯機が見えて、「おいおいっ!せっかく褒めたのに!」って思ったけど、それを含めてもよく働くと思う。いつも、家の前を掃除したり、料理などもつくっているのだろうか?
今、通っているアシュタンガヨガのシャラ(スタジオ)の先生は基本的に2人だ。
シャラス(シャラート)とサラスワティ(シャラスのお母さんでグルジの娘)。
シャラスは4時45分からクラスをしているとはいえ、8時ぐらいになると、新聞を読んだり、引っ込み始める。何時からサラスワティは始めてるかしらないけど、初心者にも丁寧にアジャストしたり、何かいい印象を感じる。日本にいたときとはイメージが180度変わった。かってに作ってたんだけど。。。
冷静に考えると、朝からお母さんと同じ職場で同じようなことをする。そして、息子の方が偉い(のかな?)ってのは中々すごい環境だけど、それも悪くないのかも。
能力が問われる仕事というのは、家族などの継承性にするとすたれていくのが世の常なのだが、自分がこのシステムについて言及してもしょうがないだろう。日本の陰陽師達の仕事(天文博士)も江戸時代に一族による継承性にしたことによって弱まってしまった。
やはり、技術職や教育職は、能力のある人が見ていくのが大事な気がする。
政治もそうだが・・・2世、3世議員に何ができるのだろう?いや、悪くできるか・・・
話が反れたけど、早朝より母と子が、生徒の腰をもってバックベンドをしている姿は微笑ましい。
たまに、お母さんに仕事を押し付けて、新聞読むな~って思うけど。
けど、シャラスもいい人なんだな。
サラスワティ(シャラスの母)も、朝に生徒のヨガを見て、洗濯したり、料理したり、父親(グルジ)の様子を見たりしているのだろうか?よく働くものだ。
サラスワティがシャラの前で紋章を書いている姿は見たことないけど。。。
たぶん、それはしてないだろうな・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です