2009年最後のヨギックNY(NewYearEve2)

New Year Eve すなわち12月31日に最後に口にした夕食はこちらでした。

WSにセットになっている Jivamuk Tea カフェでのヴィーガン料理。
このとき、VEGANって、最初の文字の『V』がとんがっているから攻撃的だな、って思ってしまった。。。

「VEGAN」とか「VEGITARIAN」でなくてはならないという場所なのに強烈には興味がわかない。そこに強烈に執着することも間違っているからだと思う。

ヨガの練習をちゃんと続けていれば、そう近づいていくものだろうから・・・

子供の頃より肉食だった人がいきなり変わるほうが、
肉体に対して攻撃的だと思う。

序々に、変化のないぐらいの変化が非暴力的だ。

3時間(夜の9時から~12時まで)に渡るサイレントプラクティス(マウナ)は続く・・・

実は、さかのぼること数日前・・・
クリスマスイヴの日にも同じようなことをしていた・・・
世間が騒がしくしている時こそ、サイレントな時間を・・・
単なる天邪鬼という噂もあるが・・・・

12時なると、さすがにみんな 『HAPPY NEW YEAR!!』
となると思いきや・・
シャロン先生とディヴィッド先生の登場だ。
それも静かに・・・
前に座り・・・

LOKHA SAMASTAH SUKINO BHAVANTO~♪
とマントラのチャンティングが始まる・・・何回も、何回も・・・
良い2010年の始まりだった。

この場所に何百人も集まっているのだから、多くの人がこういうものを求めているだろう。。。。
シャロン先生とディヴィット先生の話を聞いて、挨拶をしたりしていたら1時を回っている・・・

そのまま、ジュールの家に帰っていく・・・
居候は、マット1枚のスペースがあればいい。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です