「笑い顔」 と 「笑顔」 の違いの巻。

店員さんに笑ってもらうと、めっちゃうれしい。

一般的には店員さんの笑顔は、作り笑顔か、ポーカーフェイス。
感情は出しません的なのがサービス業、サービス業みたいなもの。

海外みたいに、やな顔や無愛想を露骨に出すよりはましですが・・・
そこで、本題。
こないだ、レンタル屋さんで店員を笑かすことに成功しました。

ビデオを返却しにお店に入り、普通にビデオを返すと、店員さんが、
「このビデオは他店のビデオ屋さんですよ!」

と、大爆笑!!

相当うれしかったのか、笑いながらの説明で聞き取れないくらいに、
そのレンタル屋のことを説明し始めた。

「そのお店の場所はですね・・・・ハハハハッ!」

だから、こっちも大爆笑!

「ハハハッ、ホントだ!違う名前のレンタル屋だ!!」
「ハハハハハッ!!」

相手も「ハハハハハッ!まだその店やってますよっ!ハハハッ」

そんなこと知ってます!

その店、24時間で、お宅は1時までしかやってないじゃん!
と、ココロで呟き、いちもくさんに、退散、退散。
ここで言い訳。
決して、ボケて店を間違えたのではないのです。
てゆうか、間違えるわけないっ!普通!
アメリカドラマの人気シリーズ『24』にハマってて、
もちろん人気シリーズなのでレンタル中のオンパレード。

レンタル屋さん数店舗で借りていたため、同時に2店舗で返却することに。
で、車から持っていく時に返却袋を間違えてもっていったわけです・・・

まぁ、間違えたことにはなんらかわりがないのですが。。。
車までもどって、正しい方の返却ビデオを持っていこうか迷ったけど、店員さんが、あ~~そういうことねって、せっかくの彼の笑いを台無しにするのもと思い、あえて、延滞することに。

その晩、彼は、友達、家族に面白いお客さんがいたとう話を振る舞えたことでしょう!
彼の笑顔はそれだけ最高でした。
笑かしたんじゃなくて、笑われたのが残念だが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です