標高1717m、バトゥール山からの 『太陽礼拝』 (その1)

こないだのキンタマーニ山の高台への苦行ツーリングから帰ってきてから・・・・
もう次の行動は決まっていた。
キンタマーニ山の前に広がっているらしい(霧で見えなかった・・・)、山に登ること!
バトゥール山がいい景色的にもいいらしい。
普通に登ってもいいのだが、やはり、時期が年明け前ということで・・・
『初日の出を見に行こう!』
という企画を提案した。 どう?みんな~?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みんな観客にはなりたが、主役にはなりたくないらしい・・・
結局、akky と2人で行くことに。
何故参加しない? 挑戦してから、あきらめればいいのに・・・
正直、キンタマーニ山に行ったときにはバトゥール山は霧でよく見えなかったし、
軽いノリで行こうよ~って話してたから、ちょっとしたハイキングぐらいの感覚だった。
でも、日の出が6時~6時半として・・・・登りに2時間、ヴィラから山の麓まで1時間・・・・
よし!3時出発で大丈夫だろう! と、計算した。
SPAも、お出かけグッズを用意してくれて(コーヒーの入った魔法瓶、バナナ、パン、水)、
新年早々に迎えに来てくれるタクシーもなく、レンタカー借りるか?など、バタバタしたけど、
結局、SPAのスタッフのジャンのお兄さんが運転してくれることになった。
これで完璧・・・・・・
な、わけない。前日の年越しパーティの影響で早速寝坊した。
年越しパーティでいっぱい飲んだ+寝たのが1時過ぎ~
起きたら、3時半だった。 「ヤヴァィ!」と、車に飛び乗り、山へ向かう・・・
ずっと、寝ぼけながらガソリン臭い・・・と思っていたけど、今思うとあれはアルコールか?
とりあえず、車酔いしながら・・・車は走る。
真っ暗の中を・・・遅刻しているから・・・・もう5時近いはずだ・・・・
なんとなく、山の麓あたり~を走っていると・・・・数個の懐中電灯の明かりが見えた。
ここだ!
車を止めると、数人が道から山の方に入っていくのが見えた。
ここから入るのか~と思っていると、1人の人が車に近寄ってきた、
携帯を片手に何か運転手と話をしている・・・
まぁ、我々は気にせず、山に向かった・・・・
ジャリ道を懐中電灯を照らしながら歩き始める・・・・
さぁ、どんな道のりかは分からないけど、急がないと、遅刻しているし・・・
足取りは速くなり始める。
「おーーーーーいっ!!!」
みたいな感じで呼び止められる。 
なにかゴッツイ、体格のいいバリ人2人が我々を呼んでくる。
「止まれ!」
「お前たちはこれ以上進むことを禁じるっ!」
「!!!!!」
(何が起こったか?さっぱり分からなかった・・・・)
(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です