『真価値創造委員会』 という言葉。

ヨガを教えている。
ライフスタイルを向上させるツールなのでその方法を伝えているだけだ。
自分の属性は何かを伝える(流動させる)人だと思っている。
その流動させるのがお金(通貨)なら、商人としての立場だし、知識なら講師として
世間の人の瞳(目)に映るのだと思う。
伝える内容や、見える内容によって自分のしていることは変化するのだけど、
自分は1人しかいないし、やっていることは同じことだ。
まぁ、対象物が変わったり、モノ(エネルギー)が全然違うものだと、
その対応に脳が疲れるけど・・・
と、分かる人にしか解からない内容になってしまったけど・・・
真価値創造委員会って、勝手に作ってみたんだけど意外にしっくり来た。
真という真実は作るというより、そこに在るものなのに、創造(つくる)とか言っている。
世間が作っている価値は相当に真実からずれているから、新しく作るように
真実を作って、見せていかねばならないという決意が混ざっている。
そこまでしないと、真実だったとしても、伝わらない・・・・
「だって、それが真実だもん・・・」 では、伝わらない。
より本質に近いものほど、感覚として伝えるのに時間がかかる。
1つの理由として、本物だからわかってもらえるだろうという甘えがあるのかもしれない。
偽者だったり、本質とかを備えていないものほど、一生懸命、着飾って(説明されて、広告されて、包装されて、宣伝されて、言葉を添えて、あの手この手で)存在している。
だから、本質に近いものでも甘えずに、創造されたものとして伝えていかねばいけない。
メガネが曇っている人や、色眼鏡の人や、目が悪い人など、色々いますからね。
と、閉じていた目を、そろそろ開こうかな・・・という人もいますしね・・・
いや、そのまま、閉じていようかな・・・
同じか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です