2009年最後のヨギックNY (New Year Eve)

知らずに予約していた、ワークショップ&ヴィーガンディナーに参加した。
明日の予定はどうなってますか?自分が予約したのはどんなんでした?
って、聞いたら、今だよ。君の予約は・・・
びっくりしながら急いで参加した。
2009年の締めくくりのヨガをディヴィッド先生で終わるのもいい。
ジヴァムクティヨガという、カテゴリーのヨガとみんな見ているけど、自分の認識は少し違う。
自分にとっては、『 丁寧な分かりやすい、アシュタンガ・ヴィンヤサヨガ 』 
というサブタイトルを付けたい。
シークエンスの中の多くのポーズがアシュタンガ・ヴィンヤサヨガに出てくるものの簡単バージョンのものだ。
そして、自分で独学で勉強しなさいという、
哲学の部分を分かりやすく身体の動きにあわせて体感でもって教えてくれる。
長い間、どうしたら出来るだろうか?と、ブログで哲学やカルチャーなどを紹介したり・・・
やさしいヨガとか、ハタフローとか、ヴィンヤサヨガという風に形を変えて伝えてきたけど、
同じこと。近いことをしている人達、してきた人達に出会えたのがジヴァムクティヨガだった。
多くの人達が、高い身体能力や超柔軟力に頼ってアシュタンガの真の姿を捻じ曲げてしまっている。
ファッション性やべジタリアリズムなどからのエゴをくすぐるものから生徒を集めていると批判する
人もいるけど、アシュタンガヨガだって異常なほどに柔らかい状態を競わせてエゴをくすぐって
生徒を集めている先生がいかに多いことか・・・
哲学といえば、練習や体験からではなく、
本に載っていることを読み上げて教えている先生のいかに多いことか!
NYのヨギ達は、NYのヨガセンターは、
インドのマイソールのアシュタンガのシャラの場の雰囲気をかもしだしている。
それが気持ちよい。
もちろん、全員が素晴らしいヨギではない。光あれば影もある。
ここでの練習は、そういった頭の中で生まれるいらない邪念を払いのけてくれた。
5時から7時がワークショップで、7時~8時がディナータイムだ。
センターに併設しているヴィーガンカフェ(ジヴァムク・ティー)でご飯だ。
量も多いわけではなく、そして混みすぎていた・・・(よかった先に場所押さえておいて・・)。
8時からのキルタン(Kirtan)が楽しみなので、さっさとご飯を食べて教室の方に行った。
もう、8時をまわっていたのか、始まっていた。
たった、一時間のキルタン。 心地好く始まった。プレイヤーの唱えるマントラのリズムに
合わせて我々がそれに続く・・・それがずっと続いていく・・・
曲が終わり、少しの沈黙・・・
次の演奏プレイヤーとの交代をしているかと思った。。。
長い沈黙・・・・
もう9時をまわっていたのだ。
ヨガの練習の1つでマウナというものがある。 かのガンジーさんも週に1回しゃべらない日を作って
していたという行(プラクティス)。9時~12時はサイレントな時間帯だ。。。
世界が、NewYearを迎えるのに対して騒いでいるのに・・・なんて静かな瞬間なんだろう。
その場にいる人々(200人以上はいると思う・・・)が、完全な沈黙の中にいる。
ノートに何かを書いてコミュニケーションしている人。何かを聞いている人。瞑想している人。
寝ている人・・・zzz

2 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いつも楽しく読んでます。Jivamukti大好きで、今度New York行く予定です。『丁寧でわかりやすい ashtanga vinyasa」っていうdescription、その通りだと思います。インドのマイソールにも行きましたが、シャラで練習する感じやconferenceで学ぶ雰囲気はそのままに、ashtangaのいいところを最大限引き出してくれるスタイルがJivamuktiだと思います。日本にもっと良さが伝わるといいですね。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > いつも楽しく読んでます。Jivamukti大好きで、今度New York行く予定です。『丁寧でわかりやすい ashtanga vinyasa」っていうdescription、その通りだと思います。インドのマイソールにも行きましたが、シャラで練習する感じやconferenceで学ぶ雰囲気はそのままに、ashtangaのいいところを最大限引き出してくれるスタイルがJivamuktiだと思います。日本にもっと良さが伝わるといいですね。
    >Rei san,
    NYに行かれるときは何でも聞いてくださいね~住んでいるならいいですけど、旅行なら人気の先生を受けた方がいいと思います。アシュタンガを練習していてヴィンヤサを理解している人とそうでない先生など色々いたりしますから・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です