キムタクのドラマ『CHANGE』を見て

久しぶりにリアルタイムでドラマを見た。
女王の教師(?)以来だ。
まぁ、全く知らない政治の世界だけに、普通に楽しめた。
何か、気になっていたのが、キムタクこと、朝倉がしていた演説(スピーチ)だ。
何かを思い出させた。
何か? キング牧師を思い出したのだ。
非暴力抵抗運動の先頭に立ち、アフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者だ。
ノーベル賞も受賞している黒人の地位向上に貢献した人だ。
『私には夢がある』
これも何かの映画で聞いたのだが・・・スピーチはこう続く・・・
『私には夢がある。 いつの日か、ジョージアの赤土の丘の上で、かつて奴隷であった者たちの子孫と、かつて奴隷主であった者たちの子孫が、兄弟として同じテーブルに向かい腰掛ける時がくるという夢が』
『私には夢がある・・・』
このフレーズを思い出した。。。
キング牧師は39歳の若さで暗殺されてしまうのだが・・・
暗殺の前日には、
「私自信は皆さんと一緒には約束の地に行けないかもしれない」
「でも知ってほしい。 私たちは一つの民として約束の地に行くのだということを」
キング牧師の、「私には夢がある」を繰り返すスピーチは、今でも感動する。。
何の映画で聞いたのか忘れたけど・・・
言葉はエネルギーだ。
頑張る気力をくれたり、やる気をなくさせたり、色んな方向にもっていく。
ドラマ、チェンジの中のスピーチがキング牧師からフィーチャリングしたかどうかは
知らないが、久しぶりに懐かしい人を思い出した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です