中電主催の「交流カフェ」での交流

中部電力主催の「交流カフェ」に行ってきました~
中部電力はエネルギー産業だ。
だから、エコ活動にも力を注いでいる。
電力を使わずに・・・
電力を控えめに・・・
より経済的なエコ生活を・・・
まぁ、電力というキーワードを前面に出せばPRにはなるか・・・
結果的な(マーケティングの意味としての)、総エネルギー使用が上がっているのか?
という数字的なことは分からないけど、色んな人との交流が生まれる会には賛成だ。
ということで、総勢50~80名ほどがいたのだろうか?
ヨガスタジオ関係者の方(スタジオヨギーさんや、七色さん)もいた。
正直、交流というか、NaYOGAの坂野さん繋がりのお久しぶり~的な会でした。
名古屋のエコとかロハスに関わっている人達だったんだろうか?
1人のエコデザイナーにフォーカス。
1人のフードコーディネーターによる、電気コンロでの料理の実技。
そしてその料理を囲んでの座談会。
自分の今回のフォーカスは空間だった。
会場となった、『デザインの間』。 名古屋には珍しくよくできたコンセプトルームだと思った。
デザインの間
で、調べたらそのはず。去年の年末に出来たばかりだった。
和の要素が所々に取り込まれていて、空間と照明が心地好い場所だった。
星が丘という場所があまり馴染みがなかった(中高の時にボーリングに来たぐらい)ので、
星が丘テラスってのが出来たのも聞いていたけど、大きなショッピングセンターがあって、
初めてきた場所のようであり、知っている場所のようであり不思議な感覚だった。
この「デザインの間」のスペースだって昔はスーパーだった気が・・・
少し調べてみたら・・・・中部電力が主体となって作っている建物だった。
それは、このイベントの存在から既に予想していたけど、建物にエコ的配慮がいっぱいあった。
はい。 1つも気づきませんでした・・・
サイトを見るといっぱいエコ的な仕掛けが・・・
これが、空間に対する好印象の原因なのだろうか?
誰の設計なのかはネットでは見つけれなかったけど、悪くない感じがした。
まぁ、交流という名の元に、施設PRというテーマもあるだろうから、
人にフォーカスしたかった人もいていいでしょう。いいですよね?
こんな天邪鬼では、いつか、何にも呼ばれなくなる気がする・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です