桜。涙。桜。涙。桜。涙。花。涙。

少し前ですが、SNSの方にアップした内容です・・・
当事者のサトミ先生は、ヴィパーサナ瞑想に言っていて見てないと思うので・・・
こっそりとアップします・・・
春には出会いがある。
そして別れもある。
4月で約2年近く、
MySOUL8で講師をしてくれたSATOMIが福井に帰郷する。。。。
火曜日の夕方。
Ashtanga Basic のクラス。
SATOMIの最後のクラス。
もちろん、参加した・・・そして・・・
年はとりたくない、と思った。。。。
この2年が走馬灯の様に思い出される。
2年前に彼女が東京で教えていたスタジオが無くなるというのを
聞いて、東京と福井の間に名古屋はあるからしばらく寄っていきなよ。
と、いう強引な誘い文句。
まずは3ヶ月ほど様子を見てみて・・・
と、いいつつ約2年。過ぎていった・・・
もうそのことを思い出しただけで、涙が見え隠れしていた。。。
クラスが始まり、ウジャイの呼吸に集中・・・
最後のクラスに参加している大勢の生徒さん達の呼吸音が聞こえる。
みんなMySOUL8とSATOMIの人柄に賛同、共感している仲間(サンガ)だ。
SATOMIは言う。
「アシュタンガヨガを敬遠する人。 諦め、ギブアップし、嫌いになる人。いるかもしれない。 けど、アシュタンガヨガはポーズが出来ることがスゴイとか、できないといけないというのが目的ではなく、気持ちがどういう状況なのかを感じるヨガ。もしかしたら、精神的に心が折れて、アシュタンガヨガから遠ざかり、他のヨガに目が行くかもしれない。けど、また心の状態によりアシュタンガヨガを始めたり、休憩したり・・・」
ああ、何故、2年前に彼女を名古屋に呼んだかが分かった。。。
彼女も自分と同じなんだ・・・・
カラダが柔らかかったり、運動神経が素晴らしかったり・・・
そんな中で、何度も心が折れそうになりながら、心を、精神を、
育てながら・・・・練習を重ね、今がある。
確かに、お互い、3年前にハワイのアシュタンガ・ヨガのティーチャートレーニングで出会った時には出来ないアーサナがいっぱいあった。
その後、多くの素晴らしい先生に囲まれながら、練習を重ね、勉強を重ね、
今がある。多くの苦悩を超えながら、だから、伝えれることがある。
「心に花のツボミを想像してください。そしてそれが開いていきながら、練習をしていきましょう・・・」
桜の蕾は開こうとしていた。
ヨガの練習はココロも開いていく。
年はとりたくないものだ。。。涙腺が弱くなる。
名古屋の雑誌にSATOMI先生が掲載されたこともあった。
予定が合わなくて、自分の代わりに新潟にワークショップ行ってもらったりした・・
ルルレモンのワークショップをMySOUL8でしたこともあった。
ハワイのルパリのワークショップもMySOUL8でオーガナイズしてもらった。
彼女のヨガインストラクターとしての蕾も名古屋でしっかり開花したと信じたい。
多くの経験と学びをしてもらえたと信じたい。。。
その為に、学び屋として、MySOUL8 Yoga Schol は在るのだから。
心地好く、シャバーサナを迎え、最後の最後になってしまった。
裏にあるもう1つのスタジオBの部屋に花束を用意してある。
本当は、クラスを終える直前に立ち上がり、彼女にアリガトウの気持ちをこめて、みんなで『OM』を唱えようっ!って言うつもりだった。
できなかった。。。
何か言葉を少しでも、発したら、涙が止まらなく、
言葉にならなさそうだった。。。抑えるのが精一杯だった。
・・・年はとりたくないものだ。。。
クラスの端にいてよかった。
もっと涙している他の生徒さんを見て、冷静になれた。
花束もちゃんと渡せたし・・・
でも、今これを書きながら・・・・また涙。。。
年はとりたくない物だ。
・・・ヤレヤレ。。。。

1 個のコメント

  • SECRET: 0
    PASS: 5b67b9cea41a79fcf64bb35f66de6689
    昨夜はありがとう。
    僕、人前では、強気の性格が出るので泣きませんが
    一人だと、ありえんぐらい涙もろい。
    おっさんです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です