シンキング・ボール で ヒーリングクラスに参加するの巻

4月のマタハリ・スパのオープニングパーティで友達になったアウラさんに
シンキング・ボールのクラスに絶対参加するよ!
って、約束したから参加してきてきました。
ここ数ヶ月、木曜の夜、木曜の夜。と、念仏の様に唱えてたかもしれない。。。
そして、参加。
1時間のクラスなのに2時間ぐらい・・・いたかもしれないです。
P8140209.jpg
写真の真ん中にあるのが、シンキング・ボール。大きいのから小さいのまで、
確か数十個持っているって話してた気がします。
この周りに、円を作るように横たわり、まぁ簡単にいうと、シャバーサナから始まり、
シャバーサナで終わるクラスです。
その間、先生が大きなものから小さなものまでのシンキング・ボゥルを響かせていく・・・
時には、耳元まで持ってきて左右順番に響かせていく・・・
これがずっと続くというクラスでした。
静か~に、クラスに入り、顔を覚えてくれたみたいで・・・
静か~に、ハグをし・・・・
静か~に、横たわる・・・・・
失敗したのが、虫除けをつけてくること。
昔より大の苦手が蚊に刺されることなので、耳元に聞こえる聖なる響きより、
蚊の羽の響きにやられました。
どちらも、空気を伝って聞こえてくる音の振動音なのにココまで違うとは!
ブランケットにくるまり・・・
でも頭までもぐったら聞こえてこないし・・・
でも実際、音の響きによるヒーリングはどこまで進んでいるのだろうか?
自分には、”楽しさ” を加えての 『音楽』 の方がココロに響きやすいのが現実だ。
さすがのスピリチュアルスポット、ウブドでもチベットの場を清めるシンキング・ボゥルより
ガムランの演奏の方が何か、自分に触れてくる。
ヒーリングする必要ないからか?
ある程度の思い込みも必要なんだろうか?
大小による振動の違いがどうカラダに作用するか?(振動の幅がどう違うか?)
と、理論的に考えてしまう自分が悲しい。
冷静と情熱の間に住む自分は、中々、冷静と情熱の外にでれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です