始めてのmysore(南インド)ヨガプラクティス旅(7)

(7)リキシャ

2008年10月8日

インドの生活にも慣れてきました。

っていうほど最初から困ってないですが。。。

道にも散々迷って、おかげで歩いて、歩いて、結局、力車(リキシャ)にお願いして連れて行ってもらって・・・・だんだん土地勘をつけていってます。

そして、インドでは面白いのが、やっぱり人だと思いました。

特に、リキシャの運ちゃん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リキシャが人力車じゃないのにもびっくりしたけど・・・

今はハイカラな自動リキシャだった。

メーターがあるのに倒してくれない。

ある人は、壊れているという。。。

言い値は倍近い時もある。ちょっと重たい荷物を持つと、重たいから2倍だという。。

「はいはい。ありえないよ!!」「違うのを探すよ!」と、本当に後ろに振り返って進んで行くと・・・

オッケイ、オッケイ、お前の言う値段でいいよ!と。

値切りの基本は、本当にクルッと振り返り進み始めること。

たまに、呼んでもらえなくて・・・残念な思いもするけど。。。

リキシャも古かったり、新しかったり、色々です。

時には、下り坂ではエンジンを必ず切る人がいた。

ブレーキをかけると勢いがとまるから、突き進む。横からの車も無視つづけて。

誰かいると、クラクションをひたすら鳴らす。古い車は、クラクションがゴムで出来たブーブークッションの音みたいなゴムボールみたいなので鳴らす。

ウインカーもないから、右折するときとかは、右手を外に出し合図する。いつも運転めちゃくちゃな運ちゃんが、以外とまじめに右折信号を手でしているのはかわいい。

あるときは、のぼり道で止まった。車が。

どうするのかな?と、思ったら、他のリキシャを捕まえて、
ここまでは10ルピーを俺に払って、残りの20ルピーを次のリキシャに払ってくれと。

彼を置き去りに、次のリキシャは進んでいく・・・

彼は大丈夫だったのだろうか?インドで、さぁ、困ったのは多分、彼だろう。

時には、ライトのつかないリキシャもあった。

自分よりも運転している彼がおびえながら運転している。夜だったから確かに危なかったんだけど。。

リキシャはインドのエネルギー源だ。

なぜ?力車(リキシャ)なんだろう?はるか昔、理由を本で読んだ気もするが・・・名前が日本語から来ているのは間違いない。

思い出せない・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です