(再)バトゥール山(その1)

正月の初日の出に標高1717m、バトゥール山に泥酔の中(正月なので・・・)で挑戦した。
その時のブログはこちら(その1~その4)
けっこうなアドベンチャーだったけど・・・
星を見にまたココにこないといけない! と、感じたのだった。
感じるがままに面舵いっぱいなのだ。
バリのデンパサール空港に夕方到着して、そのままデンパサールのお店に向かう。
登山やアウトドアの専門店だ。
PA170187.jpg
町にはこういった店もあるから安心なんだ。
寝袋と、寝袋の下に引くマットを購入。寝袋の下のマットはかなり重要だ。
身体の熱がどんどん地面に吸収されていくのを去年の音楽フェスのテントで学んだ。
さらに日本からはテント。 頭につけるヘッドランプ。 
さらに、3本目の足となるスティックも用意した。 
防寒着も用意したし・・・
完璧の予感・・・
出発予定のPM11:00には時間が充分あるので腹ごしらえ。
天気も調べず、飛行機の中でむくんだ足には登山は向かないが、今後の旅について話は盛り上がり・・・山のフモトについたのは・・・12:00を過ぎていた・・・
だ、だれもいない・・・
PA180197-1.jpg
前回のトラブル(聖なる山にはガイドが必要!)の反省から、ガイドの申し込みをしておいたのに・・
だ、だれもいない・・・
まぁ、いいか。 2回目だし。 ちゃんと着ましたよの写真も撮って・・・
さてさて、出発です!
PA180191-1.jpg
唯一、山登りに付き合ってくれる akky はもうガイドになれるでしょ!と言わんばかりの4回目!
念入りに靴ヒモを結んでいます・・・
今回の自分の不安材料は、靴。
前回よりもましなんだけど、アウトドア用のサンダル。
アウトドアの店に行ったら同じ靴が売っていたから、「アウトドア」用なんだ~
山もいけるんジャン! と、都合の良い解釈。
さてさて、ここから山へと入っていきます~
(つづく・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です