PBY:18「紅海をゆく・・・」

〜 乗客1000人のピースボートに乗船してヨガ指導と講師養成しながら世界一周旅行をする、旅の道中日記です 〜

〜peace 18 : 紅海をゆく・・・〜

スエズ運河に入る…

片方にはアラブの国々が…
もう片方には、
ピラミッドのあるエジプトが広がる…

インドから、毎日毎日の講師養成と一般ヨガレッスンがずっーと続いているけど、
紅海を抜けると、そこには地中海が待ち構えている!!

ピースボートでは、毎日のようにイラク、アメリカ、アラブ諸国、シリア難民などの話題を学べる講座や、
古代文明やギリシャ、ローマなどの歴史も学べる講座が開催されています。

自分が今までヨーロッパを訪れなかった理由は、
今一度、壮大なヨーロッパの歴史を学びなおしてから訪れたかったから・・・

船の中に講座があり、
そういったことが学べる環境が整っているのはなんと素晴らしいことだろうか!!

リッチとは、紙幣(お金)を持っていることではないのです。
豊かなこと。知識と経験が豊かなことで、心が豊かなことを言うのです。

この船には、学校の教員でリタイヤされているような乗客の方も大勢います。
ピースボートには知的好奇心の高い方が多いことに気づき、
一般ヨガクラスもポーズを単にしてもうらうだけではなく、
精神的な話、マインドの話、哲学的な話も多く伝えるようにしていきました。

そうすることで、皆さんが、より一層熱心に耳を傾けていただけている気がします。

自分が途中で下船した後は、
ヨガ講師養成により、船の中で誕生した新人ヨガ講師の皆さんがヨガレッスンを担当するのだけど、
毎日、あの100名近い生徒さん達を導けるのだろうか?

彼らがちゃんと導けるように・・・

という、プレッシャーの中で独り鬼教官になっているのだけど、
学校の先生って大変なんだな・・・

・・指導を続ける・・・

名古屋のヨガ講師養成では2年〜3年の月日と共に指導していただけに、
いかに恵まれた環境でヨガ指導していたんだな・・・
と、砂漠に囲まれて塩分の濃い紅海を眺めながらの航海をしょっぱく感じるです。。。

・・・楽しむのも大事です!!
地中海はまだだろうか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です