脳の可能性の無限性に惹かれる・・・・

宇宙は不思議に満ちている・・・・
その宇宙を大宇宙と考えると、
人体は小宇宙だ。
その小宇宙を作り出すのは脳だといえる。
小さい時に誰もが驚く、超能力などもそうだ。
未知の世界には好奇心をくすぐる無限の可能性が秘められている。
力学、エネルギーには質量があるという考えからすると、空中浮遊やスプーンを
曲げることなどはマジック(トリックがある)の類だと信じているが・・・・
脳の指令によって、カラダは動いている。
脳は天才のようで、シンプルだったりする。
脳はすべてをコントロールしてるようで、以外とだまされる・・・
だれに?
自分自身にだ。
満腹でカラダ的にはもう食べ物(エネルギー)を必要としないはずなのに、
デザートなどはあっさりと受け入れてしまう・・・・
なにかと理由をつけて。
ヨガでいうところの、サンキャ哲学でいうところの、
プルシャとプラクルティの関係性のちっちゃい番のようだ。
脳の研究なども古代からの哲学、心理学をベースに研究がされていると思うから、
似たことを発言するのだろうけど。
脳を覚醒させて悟りを・・・・とかにはあまり興味がない。
だから長い瞑想を・・・などにもあまり興味がない。
受け皿のカラダが出来上がっている自信もないし・・・
まぁ、本当は1時間ぐらいは自分に静かに向き合ってもいいかな?って時に思うけど。
それも、瞑想っていうより、どっかにココロを留めて置く集中の練習の様だけど・・・
そう。その心にて考える意思や考えはしっかりとした質量があるということが最近の
脳の科学では認められつつあるようだ。
ということは、何かというと、”気持ち”や”思い”や”願い”や”感動”はエネルギーだ。
エネルギーだということは、大きかったり、小さかったり、良いものだったり、悪いものだったり。
質がある。
その質を作るのが、知力だ。
脳はカラダがその機能を停止する瞬間まで成長し続けることができるらしい。
歳をとると、記憶が・・・頭が悪い・・・とかいうけど、あれは気力や体力が落ちていたり、
この気持ち、思い、願い、感動、などのエネルギーが落ちているのだと思う。
アインシュタイン曰く、「感動することをやめた人は、生きていないのと同じだ」
われわれは研究する必要はない。
事実だけを知ればいいし、結果を感じればいい。
それの為にはヨガの練習が一番よいぞ、と、今日もヨガを楽しむわけですが・・・
脳と賢く向き合っていくの方法が世の中にはいっぱいある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です