生徒さんを鏡のように見れば自分が映る。

これまた、ちょっと前のSNSからの日記です・・・
とある、ベテランティーチャーは言う・・・
ワークショップで、人数なんて問題ないよ。
大事なのは数ではない、質だよ。
生徒を見れば、その先生の質が分かるんだ。
だから、僕のクラスには僕の価値が分かる人がいて、その生徒がどう変化したかを見れば、
僕のティーチャーとしての質が映っているばずだ。。。
そこで、今日の朝のマイソールクラス後に数名の参加者と話していたのだが・・・今日の練習は空気が違っていた・・・
先生からの診ているぞ!という圧迫のような、オーラのようなモノを感じながら、その場にコントロールされながら気づけば練習が終わっていた。。。
という感覚だったよ、と話すと・・・・皆、「感じた、感じた!」と・・・・
別に我々がそういうのを感じれるスゴイ人だとか言っているのではなく、
ただヨガをしているんだな・・・と、この経験から思えた。
映画を見るように、娯楽感覚で、ヨガスタジオに行くのではなく、
ただヨガをしているんだな。。。。
みんなが行くからついてくのではなく、
ただヨガをしているんだな。。。。
やはり、シニアティーチャーの言うことは深い!
日本の大御所の先生方でも歳はとっているけど、練習して10年ちょっとだとか、が普通だ。海
外では、30年とかの人がいたりする。。。
長いから良いというものではないが、
そんなに続けれるということ自体が凄いことなんだけど。。。。
継続は力なり・・・と、小さい頃より言われてきた・・・
やはり、難しい・・・
そこには努力が必要だ・・・
楽しむという、努力が・・・
そして、怖いけど、鏡をちゃんと覗いて見よう・・・
と、春に感じたことでした。
まぁ、思ったことを何から何まで言うのは危険だけど・・・まぁ、いいか・・・
少数派の意見だし・・・(一部の気分を悪くした人達ゴメンナサイ~)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です