人生50年。。。

人生50年。。。
幼い頃はよく戦国時代に生まれ、成り上がったり、
軍師として戦う姿を想像して現代に生まれた平凡さをなげいたものだ。
未練がましく、裏庭に生えていた竹を切って竹刀として武術の練習をしていた。
幼少から伝記物を読むのは好きだったけど、
歴史で昔の人は早く元服していて、大人として活躍しているのを知った。
坂本龍馬なども活躍していたのは30前後だ。信長も人生50年と唄っている。
人はマラソンや水泳でも距離を決めたら、
その距離を元にペース配分を無意識にしてしまう。
人生50年と思うならば、
しなくてはいけない事、出来る事、などのペース配分は現代と違うだろう。
現代人は、特に長寿の日本人は人生80年ぐらいに思っているのではないか?
さらに昔の人は生活時間は現代よりも短いのだ。
現代人はペース配分的に成人としての時期が30歳ぐらいなのかもしれない。
長く生きるという、途方もない時間の距離を進むことは、やる事、
出来る事の印をマーキングして予定を組む作業を難しくしている。
とはいっても、やるべき事など明確な人などひと握りだけど。。
ただ1ついえることは、集中するべき大事な時期というのがあるのだ。
それは星の向きや運勢なども影響するかもしれないが、追い風の時期は必ず来る。
その風の強さは人それぞれだけど・・・
その時に弱いからだでは、風に乗れない。
弱い身体では風を感じれない。
意識の低さは風の上で自分をコントロールできない。
その一瞬に乗れるかどうか・・・
嬉しいことに風はまた吹くのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です