ヨガ指導@YOGA NATURE KYOTO2021×アースディ京都

アースデイ×ヨガネーチャー@京都は、4/24 &25で開催予定でした。

しかし、政府により緊急宣言が、大阪・東京・神戸・京都で25日より発令につき、2日目の25日のイベントはすべて中止となりました。

自分が担当するレッスンは、24日の11:30- 12:30なので、
無事に開催できました。

この幸運を実感しながら、
「アースデイ京都」もまわりたかったので、
朝から参加してきました。

参加者は、最初は少なかったのですが、
お昼ごろには徐々に人が増えてきました、、、が、やはり、少なめな気がします。

緊急宣言発令前で躊躇している人々もいたり、これから開催されなくなるイベントを今、
まさに楽しもうとする人々もいたり、色々です。
ゴールデンウィークに開催される予定のイベントはすべて中止だと聴くと、
4/24のみの開催でも本当に価値のある一日だったとおもいます。

名古屋でのヨガイベント「YOGA LIFE NAGOYA」が、
昨年の秋にしっかり開催できたのも奇跡だったな〜と、感じました。

ヨガネーチャー京都での開催場所は、平安神宮の隣りの岡崎公園。

食べ物がいっぱいの「ビーガングルメ祭り」と違って、
「アースデイ京都」は、今流行りの SDGs 一色です。

ここは、ピースボートか!
というくらい、サスティナブルな社会についての紹介が多いです。

織物機械の体験や、染物体験など、マイクロプラスチックを見つける体験など、
今の地球で起きている問題を知るきっかけを提供しているのが面白いのだけど、
参加者がやはり少ない!

もっと、LOVE&PEACE みたいな感じかと思ったけど、
そうではなかったのが印象的でした。

エシカルファッションの影響もあるのかもしれません。

むしろ、同時開催の「YOGA NATURE 京都」の方がそういう雰囲気だったかも。

主催しているヨガスタジオTAMISAさんが扱うヨガウェア(yin yang)が
タイダイなどのデザインが多いからかもしれないですね。

今回は外のレッスンしか無かったので、
最初から全てのレッスンを周りから観ていたのだけど、
ヨガイベントって主催の個性が出ていて面白い。

多くのイベントは、主催がヨガの先生ではなかったり、
ヨガの実践者でなかったりするから、有名人のヨガ講師やモデル・タレントを集めたりするだけだったりするのだけど、、、(それは、それでいい人もいるだろうけど)

京都のヨガネーチャーは、もちろん、ヨガ実践者達によるイベント。

さらに、京都の、なんか他と違う個性という匂いがプラスされた感じがするのは自分だけだろうか?

ヨガと生演奏、エナジーワーク、カンフー、アクロヨガ、
ヴィンヤサフローなどと、自分のクラスが加わった感じでした。

自分でいうのも何ですが、自分の「腰椎をそらさない後屈プラクティス」というクラスも、
かなり個性的だったかと思います。

昼時前ということもあり、周りいっぱいの30名近い方々が参加してくれました。

平安神宮の前に広がる公園の中で、暖かい気候の陽射しが照り注ぐ芝生の上で、
解放的に後屈プラクティスを楽しんでいただけました。

終了後にも素晴らしい感想をいただけるので、
イベントのヨガレッスンは最高です!!

大人も子供も太陽の下で無邪気に両手を広げているのを観ているだけで感動してしまいます。

昔から、太古の昔より、
祭りを通じて解放され自由を感じてきた我々は、
この先、どのようにしていくべきか?

環境のことをいくら学んでも、
自分はどうしても、どうしても、
地球のことを考えることができません。

自分自身を地球の一部として扱い始め、
身近な人々を自分の一部として考えていった先にしか、
地球のことを考えれないのです。

動物達が、多くのケミカルなゴミを飲み込んで
苦しむ動画をどれだけ観ても、
嫌な気持ちに包まれながらも、
嫌悪感と苦痛からのアクションは何か違うと思えてしまいます。

強烈な怒りと嫌悪感しか、
悪いアクションをする人々を抑制できない、
それが全体社会の現実なのかもしれませんが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です