これをカルマというのか・・・

ヨガでカルマという言葉はよく出てきます。
日本では因果(いんが)、業(ごう)をカルマといったりします。
昔からのインド哲学での思想は、前世からの行いは現世、来世へと影響し繋がっていくという
輪廻思想と関わっているのですが、カースト制度への言い訳にも聞こえるので
自分はあまり好きではありません。
前世より平民として産まれてきたから、平民としての人生を満足して生きるのだ!
私は王として(前世よりの因果で)産まれてきたので、王として生きるのだ!
これは、何か腑に落ちない気がします(日本のII世議員よ!)
それより、ブッダがいっている現世での行為によって業が重なっていくという思想が
より現実的でフェアだと思います。
現世での行為が(その及ぼした影響が)、周りに影響し、その家族や周りにいる人の
縁へと影響する気がします。
そう信じて、自分はカルマヨギという行為(実践)を大切にしています。
毎週、金曜日の3時~4時は、寄付(ドネーション)として自分のできること(すなわちヨガを教えること)を無償で提供しています。まぁ、ちゃんと価値を理解してもらうために、1コイン(500円)を設定してますが、それも自由です。こちらも自己満足で教えてますので、ただ習いたい!という方は参加してください。
そこのクラスでは、通常のヨガレッスンの最後に、「Loving Kindness Meditaion」をしています。
ハワイのマウイ島でのヨガの恩師、ナンシー先生薦める瞑想をします。
先生から多くを学んだので、その縁(カルマ)を大事にしたいという自分の勝手な自己満足ですが。
なんて長い前置きでしょうか!
これより本題です。
そんな、カルマ(因果)を感じる出来事が最近ありました。
もう15年も前の話なのですが、自分の父親がアメリカで映画を作ったことがありました。
3 Ninjas という映画です。。。
3jinjas.jpg
アメリカではディズニー映画として配給されたので全米トップ3に何週かいたらしく、今の20代~30代は必ず知っている映画の1つだそうです。
自分は実は、母子家庭なのであまり知りませんが・・・当時チラッと聞いた記憶があります。
内容はホームアローンとそっくりで、3人の子供が夏休みに母親の実家に帰省し、お祖父さん(日本の忍者の末裔という設定)に忍術を教わる。そしてアメリカにもどり、家で留守番をしているときに悪いヤツラが家にやってきたのを、教わった忍術で撃退するというシンプルなコメディ映画です。
先週、ちょうど名古屋のMySOUL8でヨガのワークショップをしたダンカン・ウォン先生
話していたら、その映画の話になりました。
すると、「3 Ninjas !!!!!」
「Oh! Myyyy Goood!! Our Destiny………」
実は、その映画で忍術を教えるお祖父さんは、ダンカンのお父さんでした!
名前は、Victor Wong さん。有名な中国系アメリカ人のハリウッド男優でした。
ダンカンのヨギックアーツの武術のルーツはここからきているのかも知れません。。
今、いっしょにヨガを広める世界を作っている2人のお父さん達が15年前にいっしょに
映画を作っていたなんて!!
そして、それに何年もお互い知らなかったのも面白いですが・・・
これを偶然というのか、縁(カルマ)というのか分かりませんが・・・
毎日の実践(行い)で、縁を深めながら大切にすることが(面倒ですが)自分にプラスになっていると信じて生きるものには感動する瞬間でした。
急がば回れ。
(気持ちが急いでいるときこそ、マットの上でヴィンヤサをしようという意)
ですね!P9130483.jpg

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です