ハッピィ~ニューイヤァ~( A Happy New Year!!)

2008年の最後は、バリで過ごすことになった。
正直、年末は思考回路が何度か止まっていて、何故、バリにいるのかよく分からなかった。
なんだか、流れに身を任せたらバリで年越しを過ごしていた。
友人の家族達と。
自分がフライングしてしまい、自分の父親は次の日に来るのだが・・・
数日後に結婚式を控えている、SPAのH氏の両親、新婦さんとその家族達。
そして、akky と自分。
SPAのレセプション兼ヨガの練習場での年越しパーティ。
SPAに帰ってきたら、ゴハンが色々用意されていた・・・
PC310848.jpg
ちょっと、近くに日本食レストランでバリ在住のM氏さんと
そのブレーンの方々が忘年会をしていたので、挨拶に行ってきた。
M氏さんはバリでは多分一番有名な日本人で、いつも会って話すたびに面白い話をして、
いつも後から思い出すと勉強になるようなことをいっつも含んでいる。そんな、ビッグブラザー率いる軍団が忘年会をしていた。
誰かが日本で手に入れて、バリに貢物として個人的に持ち込んだ肉をみんな食べていた。
ミンク・クジラの子供の肉だそうだ。
中々手に入らなく、レアなものらしくみんなテンションが高かった。
M氏さんに勧められて、我々も少しいただくことになった。
が、食べる気にならなくて、飲み物だけ頂いた。よく分からないが、クジラの子供と聞いて食べる気がなくなったのか、レアなものということでみんなの目の色が変わっていることで、天邪鬼的に嫌気がさしたのか、テンションがどんどん下がっていった。
基本、1人の時は食べないけど、人といるときは何でも合わせて食べる主義なんだけど、これには参った・・・・
まぁ、いいっすけど。
と、話がそれたけど・・・・こんな思いしている間に、H氏のお母さんとかが年越しソバだとか、お雑煮とかを作ってくれていたのだ。本当に感謝だ。
クジラとか言っている場合じゃないですよ。 ホントニ。
H氏の両親とかと話も盛り上がり、ちょっと早いお雑煮とかも美味しくて、あまりこういう家族の和気藹々的な雰囲気に慣れていないこともあり、お酒がすすみ楽しい年越しとなった。
夜だからこの前に広がるアユン渓谷は見えないけど、向こうに見える要塞のような建物が、
フォーシーズン’s ホテルで年越しということもあり、生演奏がされていた。
PC310850.jpg
「あれ(演奏)は我々のためにしてくれているんだな」
誰かが発する言葉だ。 自分じゃなければ、他の人がいうし、誰かがいう。
なんて、大人な年越しライブなんだろう・・・
PC310852.jpg
そして、みんなでカウントダウン。
Four Season’s Hotel からも聞こえるカウントダウン・・・・
相当飲んでしまったようだ。
この数時間後にはまた違ったイベントが待っているのに・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です