PBY12:「マレーシア上陸」

〜 乗客1000人のピースボートに乗船してヨガ指導と講師養成しながら世界一周旅行をする、旅の道中日記です 〜

〜peace 12: マレーシア〜

日本〜台湾〜シンガポール、
そして3つ目の寄港地は「マレーシア」です。

台湾・シンガポールは自由行動でしたが、
マレーシアは船が企画する数々のオプショナルツアーから1つ選びました。
ヒンズー寺院でもある「バトゥ洞窟」、バディック製作所、そして、
ロイヤル・セランゴール工場を巡るツアーです。

マレーシアの首都のクアラルンプールから北に約13キロに位置する、
272段の階段で有名な「Batu Caves」に行ってきました。シヴァの息子、ガネーシャの弟となるムルガン(Murugan/Skanda)の黄金の像があります。日本では韋駄天として知られていますね。

ここは100年ほど前にインド人によって作られたようです。
4億年かけて作られた鍾乳洞の中に作られた寺院です

寺院というより、この鍾乳洞自体が御神体のよう・・・神秘的な中に、寺院があってプージャ(お祈り)を受け付けています。

No Smoking(禁煙)よりも、
大きな字で No Exercise(運動禁止)!

タイプーサム祭(Thaipusam)は100万〜200万も集まる
世界一盛大なヒンドゥーの祭典が年始にあるそうです。
勇敢な戦士が大好きな南インドはタミルの民に人気なムルガン!

どうして、シンガポール・マレーシアに南インドの移民が
これほど多いのか?と、聞いたら、南インドの人々は貧しいから・・・
と返答が来て、なぜか切なくなりました。。。

と、南インドが恋しくなりつつ・・・
次に寄港地は、南インドは「コーチン」です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です