上海万博ボランティア 上海視察ツアーに参加する

12月の4日(木)~6日(土)に上海万博&愛知博覧会のボランティアの交流ツアーに参加してきました。。。
といっても、自分は日程の関係上、5日(金)~6日(土)という一泊二日の弾丸ツアーでした。。
2010上海万博のボランティアとして、実践的な交流と体験をするツアーです。
気がつけば、メンバーである、日中友好センターのホームページも出来ていて、自分の名前も組織図の中に組み込まれていたので、びっくりしました。。。
まぁ、この枠組みが出来上がるまでは日本と上海を数年間行ったり来たりしましたが、
出来てからは、仕切りたい人にお任せしているので、何もしてません。
なので、すいません・・・・
準備にお手伝いもせずに、都合のいいところだけ参加して・・・・
間違いなく、一番の若輩者なのに・・・・
まぁ、日中友好支援センターはボランティア関係のみをつなげるわけではないので、
自分が何かお役に立てることも他にあるのかもしれないです。
でも今回のツアーは、日本からのボランティアグループと上海の現地ボランティアさんとの実際の交流があったので面白いと思います。
普通に旅行で参加してもこの出会い+アルファの経験はできません。
まさに、プライスレス。
こうやって、テーマや目的を持ったツアーがどんどん増えてくれるといいですね。
ボランティアとの交流もまずまず成功だったみたいです。。。
たとえそのボランティアという意味が国と国との間で解釈が若干違っていても、
それは当たり前。
参加者の一人ひとりにそれぞれの参加理由があり、満足のしかたがあるわけでしょう。
夜は、とある市会議員の方と日本の将来について、上海や中国のこれからと展望について熱く語らいました。
一泊二日はちと、短すぎます・・・
予定していた他の仕事や、ヨガレッスンも受けて来れなかったです・・・
上海蟹も、点心も食べれず・・・・でも、前から行きたかった精進料理のバイキングには行けました。
浦東空港の新しいターミナルが出来ていたり、2010年の上海万博に向けて町は盛り上がり傾向にあります。
世界不況なんてなんのその!あと2年!駆け抜けて欲しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です